ブログ

ロゴバキリムの魅力!文様の意味を知ろう④/Water

みなさま、こんにちは。PLUS ROGOBAの吉成です。

今日は朝からあいにくの雨模様…。 空気の澄んだ秋晴れはもちろん良いですが、
ひんやりとした雨の落ち着いた雰囲気もそんなに悪くないですね。
ただ、いよいよ肌寒くなってきましたので、みなさま、お体にはお気を付け下さい。

今日のブログはロゴバキリムの文様シリーズの第④弾!ぜひお付き合いくださいませ。
(※シリーズ①はこちら シリーズ②はこちら、シリーズ③はこちらへどうぞ。)

===========================================
キリムとは、トルコ・イラン・コーカサスなど中近東の遊牧民が、
時間をかけて上質なウールを丁寧に手で紡ぎ、天然素材で染め、織り上げた
絨毯より古い歴史をもつ、毛足の短いテキスタイルです。
その一枚一枚のキリムは、伝統を継承した文様、美しい色彩と温かで素朴なデザインをもち
それぞれが織り手のセンスを表現した世界で一点のものです。

キリムには図面がありません。母から娘へ織り伝わる中で、誰かが文様をデフォルメし、
それがおもしろいと広まると、それがその村での定番の柄となります。
ロゴバキリムはシンプルではありますが、織り継がれる中でできあがった“伝統柄”があり、
デザインの意味はどれも「幸せ」へつながります。
===========================================

今回ご紹介する文様は『Water(ウォーター)』。

「水の流れ」を表現したキリムです。
人間の生活の中で最も大切な水をテーマにし、水がいつも身近で豊かであることを願った文様です。

左右対称でバランスがよく、シンプルで使い易い柄のキリムです。
柄の部分は少ないですが、じっくり見ると同じ色調でも様々な色合いが混じり合い、
ロゴバキリムならではのアブラッシュが楽しめる奥深いキリムです。

※アブラッシュとは同じ色でも濃淡の微妙に異なる糸を使い、手紡ぎならではの太さの大小異なる糸を
センス良く織り込んでいくことで生まれる平面的ではない奥行き感、風合いのこと。

その他にもPLUS ROGOBAショールームにて、大小様々なロゴバキリムをご覧いただけます。
自由にお手に取っていただき、手触りや柄をご覧ください!
3連休はぜひMOVスクエアへご来場ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プラスロゴバ(PLUS ROGOBA) 

MOVスクエア ショールーム
滋賀県蒲生郡竜王町山之上3409
営業時間:10:00 ~ 18:00
定休日:水曜日、第3火曜日

大津百町スタジオ 
滋賀県大津市御幸町56-1
営業時間:10:00 ~ 10:00 ~ 18:00
定休日:水曜日、第3火曜日

プラスロゴバ(PLUS ROGOBA)は、
木の家専門店谷口工務店と北欧家具・キリム専門店ROGOBA(ロゴバ)のコラボレーションショップです。

----------谷口工務店MOVグループ----------

■谷口工務店MOVグループ
 http://mov-group.com

■「新築・リフォームのご相談」
木の家専門店 谷口工務店
 https://taniguchi-koumuten.jp/

■「北欧の椅子専門店」
プラスロゴバ(PLUS ROGOBA)
https://plusrogoba.jp/

■「緑の庭専門店」
A GARDEN CREW(ガーデンクルー)
 http://agardencrew.jp
 

■「不動産の売却、購入のご相談」
谷口工務店不動産事業部
 https://www.kominka-bank.jp/top/index

-------------------------------

■「商店街HOTEL 講 大津百町」
一休予約サイト:https://www.ikyu.com/vacation/00050541/
Facebook :https://m.facebook.com/otsuhyakucho.kou/?locale2=ja_JP

■大津百町ダウンタウンプロジェクト
 東海道五拾三次宿場町再生物語

■日本の食文化を創造する
「コラボキッチンラボ」
 https://www.collabo-kt.com/

------------------------------

関連記事

ページ上部へ戻る