ブログ

大津の廃墟で、ジャズライブ開催! ポンコ・ミラー”みなくる”ツアー2019 観覧者募集中!

こんにちは。プラスロゴバの奥藤です。
さて、今日は春にぴったりなスペシャルライブのご案内です!
今月大津市で、夢のコラボが実現したスペシャルユニットライブ「ポンコ・ミラー”みなくる”ツアー2019」が開催されます。
ライブには、国内外で幅広く活躍する、4名の実力派アーティストによる限定ユニットが大津にやってきます。
出演者は、高い音楽性と幅広い活動を繰り広げる、日本を代表するトップアーティスト 村上”ポンタ”秀一(Drums)、独自のキャラクターでメディアを賑わす実力派のサックス奏者 ユッコ・ミラー(Sax)、幻の楽器「クラビオーラ」で癒しの音楽を展開する、世界で唯一の奏者、折重由美子、様々なアーティストとコラボし、ジャンルに囚われないソウルフルな音色が、各界から絶賛されている前田順三(bass)の4名。

このイベントは、プラスロゴバを含め、私たちの母体となる竜王町の工務店『木の家専門店 谷口工務店』が主催します。

谷口工務店は現代の棟梁として、町を守り活性化する活動を積極的に行っています。昨年は、大津の空き家7棟を改修して「ホテル講 大津百町」をオープンさせました。今回はその活動の第二弾となる、「クラフトマンカレッジ」のオープニングライヴでもあります。クラフトマンカレッジとは、大津の空き家を、活動の場を求めている職人さんに貸し出すサポートを行います。職人文化継承と、空き家の新たな活用価値、地域活性化を目的としています。会場の廃墟は、その拠点となります。
ただ今チケットは好評発売中。新たな歴史を刻む最高のステージを、心ゆくまでお楽しみ下さい!

************HAIKYO JAZZ LIVE**************

『大津の街を、職人の学校に』一般社団法人クラフトマンカレッジ オープン記念

【出演者紹介】

村上 ポンタ ”秀一” (Drums)

1972年、フォーク・グループ”赤い鳥”に参加。以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、後藤次利ら、超一流ミュージシャンとセッション。さらに井上陽水、吉田拓郎、山下達郎、松任谷由実、吉田美奈子、矢沢永吉、沢田研二、さだまさし、泉谷しげる、桑田佳祐、長渕剛、EPO、角松敏生、尾崎豊など、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライヴに参加。
フジテレビ系「ニュースJAPAN JAZZ GIANTS」、『スーパーニュース』の音楽を担当、フジテレビ系「堂本兄弟」にレギュラー出演。98 年には音楽生活25 周年を記念した『Welcome To My Life』、04年には30 周年アルバム『MY PLEASURE』を発表。06 年には、プログラミング音源に対してドラムでインター・プレイを試みた問題作『Rhythm Designer』が話題になるなど活動は幅広い。
現在、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、ドラム・クリニックをはじめ、後進の育成、指導にも積極的に力を注ぐ。いちドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げる、日本を代表するトップ・アーティスト。

2016 年9 月キングレコードよりメジャーデビューし、テレビや雑誌を賑わす実力派のサックス奏者。3 歳よりピアノを始め、高校で吹奏楽部に所属しアルトサックスを始める。在学中よりパリ・ウィーン等、海外演奏旅行、CD への参加、数々のコンテストにてグランプリ等受賞。ジャズ理論・作曲・編曲・インプロヴィゼーション等、ジャズ全般を学び、19 歳よりプロ活動を開始する。河田健氏、エリック・マリエンサル氏に師事。
キャンディー・ダルファー本人から演奏を気に入られ、ブルーノート東京での来日公演に異例のスペシャルゲストとして出演。グレン・ミラー・オーケストラのジャパンツアーにゲストとして出演を果たすなど、国内外で活躍するトップミュージシャンと多数共演。世界的に高い評価を得ている。
WBA 世界スーパーウェルター級ボクシングタイトルマッチのリングで国歌「君が代」の独奏、テレビCM ミュージックの作曲・演奏、地上波キー局有名番組への出演など多方面で活躍。
2013 年JazzPage 人気投票サックス部門で第一位を獲得するなど、類希な人気を集めている。2018 年にキングレコードからリリースした2nd アルバム「SAXONIC」が、JAZZ JAPAN AWARD 2018アルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュースター部門賞)を受賞。

ユッコ・ミラー 
(Sax)

折重由美子(claviola&pf)

2 歳でピアノを始め、高校卒業と同時にカワイ音楽広島で講師を務めるかたわら、ドリマトーン全国大会で銅賞に入賞し最上級のグレードを取得。ライブ活動、数々のアーテイストのLiveサポート、レコーディング分野で作曲、アレンジ、演奏等、積極的に参加。現在は幻の楽器となった「クラビオーラ」(鍵盤ハーモニカ)奏者として癒しの音楽を展開。クラビオーラをメインに演奏・制作活動するのは世界でも折重由美子ただ一人。
現在までにクラビオーラをメインにしたCD アルバムを9 枚リリースし、世界でも展開中。2019年には35 周年記念アルバム「魔法の毛布- 究極の眠りの周波数-」をリリース。クラビオーラを通して平和発信を全国、海外で開催する。

高校卒業後、大阪、京都でミュージシャン活動を 始め多くの現場を経験する。 勢力的にLiveはもちろんの事、様々なアーティストとのレコーディングやCMなどの作品にも参加し現在に至る。 エレキベース・ウッドベース共にプレイし、特にエレキベースのチョッパー奏法を得意とする。 ジャンルに囚われない前田流の音からはソウルが聞こえてくると各界から絶賛を浴びている。一音にかける情熱は誰よりも熱い。現在、ドラマー村上ポンタ秀一氏とリズムセクション・ライブ・作曲・アレンジ・レコーディング・各種パーティー・ホテルなどで活動中。国内外のトップミュージシャンとの共演、サポートも多数務める。

前田順三(bass)

【予約・問い合わせ】

T E L.0748-43-1128( 担当 イヌタ)lh.haikyo@gmail.com
ネットでのご購入は、Peatix (←こちらをクリック)で受付しております。
もしくは、Mov’s TOWN&COFEE (大津百町スタジオ)でもチケット販売しております。お気軽にお声掛けください。
予約前売り券:3900円 当日券:4500円

【LIVE会場】

JAZZ-LIVE0214cs6_map

住  所:大津市中央1-2-5 旧大堀印刷所
アクセス:JR大津駅北口から徒歩 7分
     京阪電鉄「びわ湖浜大津駅」から徒歩 10分
*駐車場はございませんの公共交通機関をご利用くださいませ。

関連記事

ページ上部へ戻る