ブログ

壁を照らすということ

みなさま、こんにちは。
本日は、照明についてお話ししたいと思います。
部屋の照明を何となくの理由で選んでいる方、多いのではないしょうか。

部屋が明るくなれば良い、取りあえず間接照明を置けばいい感じになるだろう… 。
そんな方に、オススメしたのが壁を照らすウォールライト。
壁を効果的にライトアップすることで部屋全体の印象が洗練され、より魅力的に見せることができるんです。

ダークカラーの壁を、ぼんやり照らしているのは、ルイス・ポールセンの「PH HAT」
デザイナーである、ポール・ヘニングセンが自宅寝室のためにデザインしたもの。
温かみのある光を生むためシェード内面はローズ色に塗装されいます。
手前のペンダントライトがテーブルの上を照らし、後ろの壁を照らすことで空間に奥行きが生まれます。
また、暗めのカラーの壁の場合、灯りをプラスすることで重くなりすぎず、印象が変わります。

ルイス・ポールセン 「AJ ウォール」

シェードが上下60度、左右に120度可動し、光に必要な方向に向きます。
「モノの存在が空間の経験に干渉してはならない」というのが、
デザイナーであるアルネ・ヤコブセンの持論。
その言葉通り、建築や部屋のしつらいや、その空間の雰囲気を、
一つのまとまった総体とみなし、決して空間を邪魔することのない、
シンプルで機能的な照明です。

廊下やベッドサイドの読書灯。洗面所なんかにもポップな色が映えます。
カラーは10色から選ぶことができるので、壁の色や部屋の雰囲気に合わせて、いろんな色を揃えるのも楽しいですね。
「AJウォール」¥78,000+tax

PANDUL「mini vip」

シェードを下方、上方いずれに向けても設置が可能で光を下方に、あるいは壁面に向けることができます。
一台の器具で明かり取りとして、ダウンライトとして2つの機能を持たせることができるのがユニークな照明器具です。
枕元を直接照らさず、壁を照らすことで、目に入ってくる光源が和らぎますね。
「mini vip」¥57,000+tax

インテリアを考えるということに置いて、照明は無くてはならないものです。
慣れない照明を置くことは、少し難しいかもしれませんが、影と光、空間の暗いところと明るいところを作る。

空間の暗いところ、つまり「影」の部分がお部屋に奥行きを持たせ、立体的な空間を演出することがポイントです。
PLUS ROGOBAでは、照明に関するご提案やご相談にも対応させていただいております。
お気軽にお問い合わせくださいね。

TOP画像:PH2/1 Wall ¥88,000+tax

PLUS ROGOBA (プラスロゴバ)

〒 520 – 0057  滋賀県大津市御幸町56-1大津百町スタジオ内
営業時間:10:00 ~ 18:00
PLUS ROGOBAは、木の家専門店谷口工務店と
北欧家具・キリム専門店ROGOBAのコラボレーションショップです。

============================================================

《8月26日(日)10時、「モヴスクエア」オープン!》
住宅、インテリア、グリーンなどのショップ、ショールームが集合した、
体験型施設「MOVスクエア」が、谷口工務店本社そばにオープンします。
ぜひ、遊びにいらしてください!

→ 詳しくはこちら

—————— 谷口工務店MOVグループ ——————
□「新築・リフォームのご相談」
木の家専門店 谷口工務店
https://taniguchi-koumuten.jp/

□「北欧の椅子専門店」
PLUS ROGOBA(プラスロゴバ)
https://plusrogoba.jp/

□「庭とグリーン雑貨専門店」
GARDEN CREW(ガーデンクルー)
http://agardencrew.jp

関連記事

ページ上部へ戻る