ブログ

ありがとうございました!

4月21日に行われた、商店街ホテル『HOTEL 講(コウ)大津百町』の一般公開。
たくさんのお客さまにご来場いただき、ありがとうございました。

公開直前に納品された、ポール・ケアホルムのPK22や斬新な配色をチョイスした、フィン・ユールの46SOFAなど、大好評をいただきました。
この日を迎えることができて、私たちスタッフも大変嬉しく思っております。
ご近所の皆様には、あたたかいお声を、遠い所から足を運んで見に来ていただいたお客さま、熱心にご質問いただいたお客さま、本当にありがとうございました!

+ROGOBAのホームページでも、ホテルに納めた家具のご紹介を少しずつさせていただきたいと思います。

北欧家具デザイナーの鬼才、ポール・ケアホルムがデザインした、PK22。
ミニマリズムをとことん追求した、そのシンプルな佇まいは、旧東海道からホテルに一歩入った瞬間、日常を忘れて違う空間にきたような、そんな気持ちにさせてくれます。

「フリッツ・ハンセン」社のセブンチェア。
1年限りのララ・ベルリン × フリッツ・ハンセンのコラボ、ベルベットを纏ったセブンチェアです。

「lala Berlin(ララ・ベルリン)」はベルリンを拠点とするファッションブランド。エレガントかつ斬新なウィンメンズコレクションを発表し、世界の各都市で取り扱いが広がっています。

フロントパティングを施したセブンチェアの座り心地は格段に良くなります。
照明の角度によって、光沢感の変わるベルベットのパティングは、目にも美しい仕上がりとなっています。

販売は、2018年10月までとなっております。
ぜひご体感ください。

 


玄関入ってすぐに、見上げると、
オリエントペンダントが目に飛び込みます。

深みのある輝きをもつカッパー製のシェードと上部にあしらわれたローズウッドがオーガニックな雰囲気を醸し出します。シェードの上部には21/24本の細長い穴があけられ、そこから光がもれるようになっています。

 

こちらで、ご紹介した家具・照明は、『HOTEL 講(コウ)大津百町』の”茶屋”にてご覧いただけます。
お問い合わせは、ホームページ右上ある、お問い合わせから、お電話もしくはメールにてお願いいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る